自己判断は禁物【安全を喫するためにほくろ治療は医師に要相談】

ほくろは治療で消すことができます

満足できる治療を受ける

安ければ、家計に負担をかけずにほくろを除去出来るのは確かですが、場合によっては経験が浅い医師が対応する場合もあります。本当に信頼出来るところで治療を受けたいなら、ネットやカウンセリングをフル活用するのがおすすめです。

悪性には要注意

ほくろには種類があり、ものによっては生命の危機に瀕するようなものもあります。皮膚がんと言った悪性の腫瘍であるなら、すみやかに皮膚科や美容外科に直行して治療を受けるのが望ましいです。

危険なものもある

ナース

一生残り続ける

ほくろは、生まれつき生じている人や、ある日突然生じている人と、体質によって表れ方は様々です。しかも、厄介なことにほくろは一度表れると、消えることがないです。ケガで生じたかさぶたみたいにポロリと取れることがなければ、勝手に消滅しないためものによっては厄介な症状です。出てきた箇所が目元や口元あたりなら、セクシーな雰囲気を醸し出せるので、チャームポイントとして残して良いと感じてしまいます。どうしても、コンプレックスに感じてしまい、何とか除去したいのであれば、美容外科で治療を受けるのが望ましいです。

素人目で判断は禁物

勝手にできるほくろとはいえ、どの位置にできていようが、一旦は美容外科で診てもらうのが望ましいです。なぜなら、ほくろには2パターンがあり、特に体へ害をもたらさないものと害をもたらすものにわかれています。害をもたらす方は、いわゆる皮膚がんと呼ばれる症状で、見た目的には普通のものと大差ないように見られがちです。素人目では、皮膚がんか普通のほくろなのか見分けがつきにくいので、安全なものだと自己判断してしまうと、生命に重大な危機を迎えてしまう可能性が高まります。安全を喫するために、ほくろが生じているのを確認できたら、美容外科で診てもらうのが得策です。

出血が少ないタイプの治療

ほくろを取る治療法として、麻酔やハサミを使った治療法が考えられますが、傷跡が目立ちそうな印象を受けてしまいます。しかし、医療は常に発達を繰り返しているので、皮膚へのダメージを最小限に抑えている治療法も確立されています。出血量も少なくて、傷口も目立ちにくい治療法を利用したいなら、レーザーがおすすめです。CO2レーザーなら、表面のほくろは勿論ですが、原因を作り出しているメラニン色素ごときれいに除去できるので、再発のリスクを最小限に抑えられます。CO2レーザーは、何といっても皮膚細胞内にある水分を吸収してから熱エネルギーを生み出し、ほくろが生じている患部を焼き切るので出血量を少なくできます。焼き切る特性上、若干皮膚に焦げたような色が付きますが、美容外科のケア治療で症状が目立ちにくくしてくれます。焦げたような跡も目立ちにくくなれば、新たなコンプレックスを抱かずに済むので、堂々とした生活をおくれるようになるのは間違いないです。

他の治療法も考慮

傷跡が目立ちにくくできるレーザー治療は、きれいにほくろを取り除きたい人にうってつけの療法といえます。ただし、ほくろの種類によってはレーザーを照射しても取り除き切れない場合があります。小さめのほくろなら、簡単に除去できても大きくて根深い箇所にメラニン色素がある場合は、レーザー以外の治療法も考慮しておくのが望ましいです。

健康保険の適応条件

ほくろを除去する場合、保険が適応される場合とそうでない場合に分かれます。一部クリニックでは、美容系の治療で用いられるCO2レーザーが健康保険が適応されているので、安心して利用できます。

ダウンタイムの制限を把握

ほくろ除去の治療を受ける場合、外科的な方法とレーザーを用いた療法のどちらを利用するか迷ってしまいます。着実にほくろ除去が出来ますが、設けられているダウンタイム期間中の制限にばらつきがあります。