自己判断は禁物【安全を喫するためにほくろ治療は医師に要相談】

ウーマン

悪性には要注意

レディ

すぐクリニックへ直行すべき症状

皮膚科や美容外科を利用してほくろ除去の治療を受けるべき人の特徴は、皮膚がんを患っているかどうかです。普通のほくろと皮膚がんの見分け方としては、6mm以上の大きさをしていて、半径で見てみると非対称の大きさで滲んだような色合いをしているかどうかです。このような黒ずみを発見した場合は、速やかに皮膚科や美容外科の医師に相談するのが望ましいです。皮膚の専門家なら、詳しく検査をした上で、症状の進行状態はどうなっているのかを詳しく調べてくれます。また、どんな治療法が望ましいのかを見極めてから適切な治療プランを提示してくれます。生命の危機に瀕する事態に陥る前に早い段階のほくろ治療を受けておくのがおすすめです。

焦げの症状を長く残さない

ほくろを取り除く治療を受ける場合、レーザー、メス、ハサミを用いた治療法などがありますが、できるだけ皮膚へ与えるダメージを最小限にしたいものです。比較的傷跡が目立ちにくいタイプの治療法としておすすめなのが、レーザーを使った方法です。熱エネルギーの力で、皮膚細胞を焼き切るので、出血を最小限に抑えられるのは確かです。事前に局部麻酔を施してくれるので、術中は単純に熱を感じるだけで特に負担を感じることがないです。それに、十分なケアも施してくれるので、術後は小さめな焦げが生じてしまいますが、医師がおすすめするケア方法を実践すれば、焦げが目立ちにくくなります。せっかくほくろを治療で除去しても、後々に目立つことがないように、医師の指示にしたがって、十分なケアを実践するのも重要です。

双方の違いを把握してから予約

傷跡が目立ちにくいレーザー治療なら、生命の危機に瀕する皮膚がんでも、負担を少なめに除去できるのは確かです。しかし、皮膚への負担を少なめにして、治療を施してくれるとはいえ本当に目立ちにくくしてくれるのか不安を抱いてしまいます。同じ治すという点では、皮膚科も美容外科も大差ないと思われがちです。しかし、双方には大きな違いがあります。症状を治すことに趣を置くのが一般的な皮膚科、術後の見た目にもこだわりを見せるのが美容外科です。本当に治すことだけを重視したいのであれば、一般の皮膚科を利用するのが望ましいです。顔や腕、脚と言った目立ちやすい箇所に生じたものを取り除きたいのであれば、美容外科での治療を受けるのが望ましいです。双方の特性を知った上で、自身にピッタリだと思える方を選ぶのが望ましいです。