自己判断は禁物【安全を喫するためにほくろ治療は医師に要相談】

ウーマン

健康保険の適応条件

看護師

保険が適応される条件

ほくろの治療には、保険が適応されるケースとそうでないケースがあります。健康保険が適応されれば、医療費負担額が少なくて済むので、気軽にほくろを取り除けるのは確かです。しかし、利用クリニックのタイプによっては健康保険が使えないので医療費負担が全額自身に降りかかってしまいます。健康保険が適応されないクリニックはどんなところかというと、美容系の療法を専門としているところです。なぜなら、美容系のクリニックで請け負っている治療のほとんどが自由診療の域にあり、最終着地点が美容に向いているので、健康保険が適応されないのです。そもそも、健康保険とは社会生活に重大な影響をもたらすケガや病気を治療する場合に適応される代物です。何かしらの症状を治すための治療を受ける場合に限り、医療費を一部負担してくれるのです。美容系クリニックで受け付けている療法は勿論ですが、まだ認可されていない最新療法でも保険が適応されないのです。

一部クリニックでは保険が適応

健康保険が適応されないから、皮膚への負担が少ないCO2レーザーが受けられないという印象を抱いてしまいます。しかし、美容系の治療で広く用いられるCO2レーザーは、一部のクリニックでは健康保険が適応されているところもあります。キズ跡を目立ちにくくしてくれるCO2レーザー治療が健康保険である程度の医療費負担が軽くなるのは嬉しいものです。皮膚への負担を最小限に抑えたいなら、CO2レーザーを扱っていて健康保険が適応されているクリニックを見つけ出すのがおすすめです。

レーザーが無理な状態なら

比較的キズ跡が目立ちにくいCO2レーザー治療なら、皮膚への負担も最小限に抑えて、ほくろ治療が受けられるのは確かです。しかし、全部のほくろが取り除けるわけではありません。ものによっては、深い箇所までくり抜きを行なわなければならないのです。小さめで、まだポツポツした程度のものなら、くり抜来範囲や深さも最小限に抑えられます。大きいものだと、くり抜き範囲が広いのは勿論、皮膚の深部までメラニン色素の影響が及んでいることが考えられるので、レーザーには向かないと言えます。とは言え、その他にも電気や高周波を用いたメスやQスイッチレーザーなどのほくろ除去方法も存在します。これらの療法も、利用するクリニックを選べば、キズ跡が目立ちにくく出来ます。尚且つ、健康保険も適応される療法であるので、医療費負担が少なめに済ませられるので、費用面でも安心して利用出来るのは確かです。